株式会社アップロードは知的財産領域を中心とした総合コンサルティング企業です。
書籍等のご購入はこちら
 

『2級公式テキスト[改訂9版]』(2019年3月5日初版1刷)

箇所

P.84 

【1】特許権の管理
12行目

したがって、出願してから設定登録までに3年かかったとすると、最長で17年間権利が存続する計算です。





ただし、医薬品などの特許は、実施に必要な政府の認可取得に時間がかかるため、5年を限度に権利が延長する場合があります(特67条2項)。特許権が設定登録されると、特許公報(特許掲載公報)に掲載されます。

したがって、出願してから設定登録までに3年かかったとすると、最長で17年間権利が存続する計算です。ここで、特許権の設定登録が特許出願の日から起算して5年を経過した日又は出願審査の請求があった日から起算して3年を経過した日のいずれか遅い日以後にされたときは、延長登録出願により存続期間を延長できる場合があります(特 67 条2項)。また、医薬品などの特許は、実施に必要な政府の認可取得に時間がかかるため、原則として、5年を限度に権利が延長する場合があります(特67条4項)。特許権が設定登録されると、特許公報(特許掲載公報)に掲載されます。

P.228 

【4】侵害することが明らかな場合の対応
(3)不使用取消審判
14行目

ここで「登録商標の使用」と認められる範囲は、社会通念上同一と認められる商標を含みます。例えば、登録商標では縦書きで表されているけれど、実際に使用している商標は横書きである場合や、書体のみ変えた商標、ひらがなやローマ字など文字の表示のみを変えた商標でも、登録商標の使用に当たります(商 50 条1項かっこ書)。

ここで「登録商標の使用」と認められる範囲は、社会通念上同一と認められる商標を含みます。例えば、登録商標では縦書きで表されているけれど、実際に使用している商標は横書きである場合や、書体のみ変えた商標、ひらがなやローマ字など文字の表示のみを変えた商標でも、登録商標の使用に当たります(商 38 条4項かっこ書)。

P.347 

【2】営業秘密不正取得等行為
3行目

「不正な手段」とは、窃盗、詐欺、迫その他の手段をいい、例えば、営業秘密を職務上正当に取得したのであれば不正取得にはなりませんが

「不正な手段」とは、窃盗、詐欺、迫その他の手段をいい、例えば、営業秘密を職務上正当に取得したのであれば不正取得にはなりませんが

2019年11月試験まで

P.348 

【3】限定提供データ不正取得等行為
項目全体

2019年11月に実施される検定試験まで法令基準日後の施行日となるため試験範囲には含まれません。

2020年3月に実施される検定試験より試験範囲に含まれます。

P.349 

(1)技術的制限手段妨害行為
4行目

映像や音の視聴、プログラムの実行等が、営業上の理由で用いられている技術的制限手段により制限されている場合に、その技術的制限手段の効果を妨げて制限をはずす機能を持つ装置などを譲渡等する行為を、技術的制限手段妨害行為といい、禁止されています(不競2条1項17号)。

映像や音の視聴、プログラムの実行等が、営業上の理由で用いられている技術的制限手段により制限されている場合に、その技術的制限手段の効果を妨げて制限をはずす機能を持つ装置などを譲渡等する行為を、技術的制限手段妨害行為といい、禁止されています(不競2条1項11号)。

P.403
輸出してはならない貨物

輸入してはならない貨物

輸出してはならない貨物
◆”埓偽チ菲瓢瀚。仮鬘厩爍院腺街罅10号、17号、18号に掲げる行為

輸入してはならない貨物
◆”埓偽チ菲瓢瀚。仮鬘厩爍院腺街罅10号、17号、18号に掲げる行為

輸出してはならない貨物
◆”埓偽チ菲瓢瀚。仮鬘厩爍院腺街罅10号〜12号に掲げる行為

輸入してはならない貨物
◆”埓偽チ菲瓢瀚。仮鬘厩爍院腺街罅10号〜12号に掲げる行為

2020年3月試験以降

P.349 

(2)ドメイン名不正取得等行為
3行目

不正の利益を得る、または他人に損害を加える目的で、他人の氏名や商号などの商品等表示と同一か類似のドメイン名を取得、保有、使用する行為をドメイン名不正取得等行為といい(不競2条1項13号)、禁止されています。

不正の利益を得る、または他人に損害を加える目的で、他人の氏名や商号などの商品等表示と同一か類似のドメイン名を取得、保有、使用する行為をドメイン名不正取得等行為といい(不競2条1項19号)、禁止されています。

P.349 

(3)原産地等誤認惹起行為
3行目

商品や役務、その広告等に、その商品の原産地、品質、内容などについて誤認させるような表示や、その表示をした商品を譲渡等する行為を、原産地等誤認惹起行為といい(不競2条1項14号)、規制されています。

商品や役務、その広告等に、その商品の原産地、品質、内容などについて誤認させるような表示や、その表示をした商品を譲渡等する行為を、原産地等誤認惹起行為といい(不競2条1項20号)、規制されています。

P.349 

(4)競争者営業誹謗行為
3行目

競争関係にある他人の営業上の信用を害する虚偽の事実を、告知したり流布したりする「競争者営業誹謗行為」は禁止されています(不競2条1項15号)。

競争関係にある他人の営業上の信用を害する虚偽の事実を、告知したり流布したりする「競争者営業誹謗行為」は禁止されています(不競2条1項21号)。

P.350 

【5】不正競争行為に対する制裁
3行目

ただし、営業秘密の保有者が、侵害の事実およびその行為を行う者を知ったときから3年が経過した後、もしくはその行為の開始の時から20年が経過した後は、侵害行為の差止めを請求できません(不競15条)。

ただし、営業秘密または限定提供データの保有者が、侵害の事実およびその行為を行う者を知ったときから3年が経過した後、もしくはその行為の開始の時から20年が経過した後は、侵害行為の差止めを請求できません(不競15条)。